イラストレーターを使うなら「イラストレーター CS6」が断然おすすめでお得!


イラストレーターを使うなら「イラストレーター CS6」が断然おすすめでお得! – ソフト価格Adobe Illustrator(イラストレーター)購入検討なのですがCC とCS6のどちらがいいか迷っていいる人多いと思います、
サブスクリプ ション型のイラストレーター CCより安い値段で購入できる 永続ライセンス型のイラストレーター CS6をお勧めします。

Adobe Illustrator は、制作や印刷物(DTP)制作などの幅広い用途で活用できる、業界標準の強力なグラフィックアプリケーションです。llustrator には、高度な描画ツール、豊かで自然な表現を可能にするブラシツール、作業時間を短縮する様々な機能が備わっています。
イラストレーター(Illustrator)はご存知の方も多いと思いますが、 Adobe 社(アドビー)というアメリカの会社が開発したソフトウェアです。
ホームページを作るにあたって、多くの作業はフリーソフトで充分なのですが、グラフィック作業だけはAdobe社のIllustrator(イラストレーター)を使っています。
[ 製品特長 ]

クリエイティブツール

絵筆ブラシ
筆の持つ特徴や塗りの不透明度をコントロールして、手描きしたような筆づかいでベクトルペイントすることが可能です。
美しい描線
様々な幅の線、矢印の先端、破線、アートブラシの拡大および縮小をパスに沿って完全にコントロールできます。

ベクターグラフィックスによる高精細なイラスト作成
パスによりグラフィックを描画し、出力の大きさが変化してもグラフィックスの精度を維持します。Web 用のアイコン、モバイルコンテンツなどの低解像度の画像から、印刷用の高解像度のグラフィックにまで柔軟に対応し、JPEG、GIF、SWF、PDF、SVG などの様々なファイル形式で書き出すことが可能です。
ライブカラー
新しいライブカラーの機能を使用して、カラーバリエーションの選択、適用、制御を行うことができます。ライブカラーでは任意のアートワークを選択し、インタラクティブにカラーの編集を行い、すぐにその結果を確認することができます。新しいカラーガイドパネルでは、色合い、陰影、カラーの配合を選ぶことができます。

ライブトレース
ライブトレースは、手書きの画像や、写真などのビットマップ画像を、瞬時にベクトルグラフィックへ変換する機能です。変換後の色数やぼかしのオプションをプレビューしながらトレースの設定をすることが可能です。

ライブペイント
ライブペイントでは、描いた順序にかかわらず、描画されたパスは単純に 1 つのレイヤー上の領域と境界線とみなされます。領域と境界線は塗り絵のように塗り分けることができ、ベクトルグラフィックを直感的に作成することが可能です。また、隙間オプションでは、塗りの領域にある隙間を自動的に検出して隙間を閉じることができます。
シンボルツール
繰り返し使用するシンボルにスプレー、サイズ変更、彩色、および透明度の調整を行うことによって、デザインエレメントをすばやくアートワークに追加することができます。

3D 効果
オブジェクトやテキストなど、2D アートワークのパスを押し出したり回転することにより、編集可能な 3D オブジェクトを簡単に作成できます。照明を自由に配置してオブジェクトに陰影をつけたり、オブジェクトの表面にラスター画像やベクトルアートワークを貼り付けて、パッケージのモックアップの作成を簡単に行うことができます。また、プレビューで確認しながら 3D オブジェクトを作成することができます。

強力な文字制御
文字スタイル、段落スタイルを使用することにより、一括して個々の文字、行、段落全体をフォーマットすることができます。また、禁則処理、日本工業規格 (JIS) に準拠した文字間隔規則の採用など、高いレベルでの作業フローを実現させます。
スウォッチの管理
スウォッチをグループで管理することにより、系統的な階層構造として把握することができます。グループはカラー値によって自動的に命名されますが、わかりやすい名前を指定することも可能です。スウォッチは Adobe Bridge でプレビューしたり、Photoshop および InDesign と共有することができます。

塗りブラシツール
塗りブラシツールを使うと、ストロークが重なり合った場合でも、1 つのくっきりとしたベクトルシェイプを描けます。さらに、消しゴムツールやスムーズツールを併用すれば、自然なベクトル描画が可能です。

複数のアートボード
最大 100 個のアートボードを含むファイルを作成することができます。さまざまなサイズのアートボードを重ねたり、横に並べたり、積み上げたりと、好きな方法で配置することができます。作成したアートボードは、個別または一括して保存、書き出し、印刷が可能。選択した範囲、あるいはすべてのアートボードを複数ページの PDF ファイルとして保存することもできます。

他アプリケーションとの強力な連携

Adobe Bridge との連携
Adobe Bridge を使用して、画像やアートワークなどのアセットを整理、検索、プレビューし、また自動化スクリプトを実行することもできます。付属の Adobe Stock Photos では、イメージビジュアルを閲覧、検索、試用、購入まで可能で、多彩な操作を効率的に行うことができます。

Adobe Flash Professional との連携
Illustrator のファイルを、文字が美しく保持され、シンボルの基準点がサポートされた状態で、Flash Professional に読み込めます。
Adobe Fireworks との連携
Illustrator のネイティブファイルを Adobe Fireworks に簡単に読み込むことができます。Web 向け画像の作成、編集および最適化を行う際に、ベクトルアートワークのメリットを最大限に活かせます。
CAD ファイルのサポート
元の描画シェイプを保持したまま、AutoCAD 2004、2005、2006、DWG および DXF ファイルを確実に読み込むことができます。
Microsoft Office 製品との連携
「Microsoft Office 用に保存」コマンドを使用すれば、Illustrator のアートワークを Microsoft Word や PowerPoint といったアプリケーションでの表示・印刷用に簡単に書き出せます。

コメントを残す