MacでExcelを使う6つの方法!結局どれにすべき?


MacでExcelを使う6つの方法!結局どれにすべき? – ソフト価格Microsoft Excelは職場で一番よく使われるOfficeソフトですが、このExcelファイルをMacで開き、編集するには、いくつかの方法があります。

Mac版Excelの購入を検討されている方に必ず役に立つ?

大きく分けると、以下の通り:

  1. 無料の「Excel Online」を使用する
  2. Mac標準アプリケーションを使用する
  3. Microsoft Office製品を購入する
  • Excel 2016 for Mac
  • Office Home & Student 2016 for Mac
  • Office Home & Business 2016 for Mac
  • Office 365 Solo(Win/ Mac/iPad)

結局のところどの方法が良いのか、考察してみました。

 

 

 

 

 

 

無料の「Excel Online」を使用する

Microsoft社は、Web上でOffice製品が利用できるサービス―「Office Online」を無料で提供しています。

Office Onlineには、「Excel Online」だけでなく、Word Online、PowerPoint OnlineなどのOfficeアプリもあります。

インターネットに接続すれば、無料でExcel、Word、PowerPoint、OneNoteのドキュメントを表示、編集、共有できます。

Office Onlineを使うにはアプリのダウンロードが一切不要。「Microsoftアカウント」に登録するだけで利用できます。登録はもちろん無料です。

ただし、「Excel Online」は通常版のOffice製品と比較すると、機能面や操作性で劣る部分は確かにあります。

が、家庭で使用する分にはほぼ十分と言える機能は備わっています。業務で使われるようなマクロ機能などを使っていなければ大丈夫でしょう。

Office Onlineの他に、「Open Office」と「Libre Office」という無料Office互換ソフトもありますが、詳しい内容について、

Mac標準アプリケーションを使用する

「Numbers」とは、Apple社が開発している、MacOS/iOS用の表計算ソフトです。

Mac製品をお使いの方であれば、基本的にはデフォルトで搭載されており、Microsoft Officeシリーズの、Excelと類似しています。

Excelよりも機能は少ないですが、表を作成したり計算を行ったりなど、ビジネスシーンで必要となる機能は搭載されているため、高度な機能を必要とする業種の方以外であれば基本的には特に業務に支障なく使用できます。

Microsoft Office製品を購入する

Microsoft Office製品を購入すれば、当たり前にExcelが使用できます。以下のいくつかの製品があります。

Excel 2016 for Mac

Excel 2016単体製品です。一ライセンスが2台のMacにインストールすることができます。

Microsoft公式サイトから15,984円で購入できますが、Office製品をやはり、セットで購入した方がお得です。

以下では、Microsoft Officeのセット製品を見ていきましょう。

Office Home & Student 2016 for Mac

Office Home & Student 2016 for Macを購入すると、Excel for Mac 2016だけでなく、Word for Mac 2016、PowerPoint for Mac 2016、OneNote for Mac 2016をも使うことができます。

Microsoft公式サイトから25,704円で購入できますが、それぞれ単品で購入するよりも、38,000円も安くなり非常におトクです。

Excel for Mac 2016 (15,984円)+Word for Mac 2016(15,984円)+PowerPoint for Mac 2016(15,984円)+OneNote for Mac 2016(15,984円)=63,936円

一ライセンスが2台のMacにインストールすることができます。企業用アプリのOutlookが付属されていないから、商用利用できなく、個人しか使えません。商用利用したい方は、続いて読んでください。

Office Home & Business 2016 for Mac

Office Home & Business 2016 for Macを購入すると、Excel for Mac 2016の他に、Word for Mac 2016、PowerPoint for Mac 2016、OneNote for Mac 2016及びOutlook for Mac 2016も使うことができます。

また、一ライセンスにつき、最大二台のMacでインストールできます。Microsoft公式サイトから37,584円で購入できます。Outlook for Mac 2016も利用可能で、商用利用も可能。

合わせて読んでほしい

Office Home & Student 2016 for MacとOffice Home & Business 2016 for Macは、買い切り型で、最新Officeを使わない場合、追加費用が発生しません。

Office 365 Solo

Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Access、outlookと全てのOfficeアプリが利用可能です。

常に最新版の製品を使用することができます。

また、MacだけではなくWindowsでも使用可能で、一ライセンス2台まで利用可能です。

買い切りの永続ライセンスではなく、年額または月額料金制になっているのが特徴です。

Office 365 Soloを日本Microsoft 公式サイトから、月間は1274円、年間12,744円で契約できます。

結局どれがいいの

MacでExcelをちょっとだけ使うなら……無料のOffice Online或いはMac標準のアプリ(Numbers)

MacでExcelだけ使い、Wordなど他のアプリ全く必要としないなら……単体製品のExcel for Mac 2016

Macで長年間Excelを利用したいなら……Office Home & Student 2016 for Mac(個人)或いはOffice Home & Business 2016 for Mac(個人と商用)

常に最新のExcelを使いたい、Windows PCも持っているなら……Office 365 Solo

コメントを残す