Microsoft Office 365を安い価格で購入する方法を紹介


Microsoft Office 365を安い価格で購入する方法を紹介 – ソフト価格Microsoft Office 365 ProPlusは他のofficeソフトと同じくExcelやWordを使えるようですが、なぜ価格があんなに安いのでしょうか?Office 365 ProPlus( Office /2013/2016 )ダウンロード2年 契約で購入したほうが安いです。

Excel-02

仕事ではWord・Excelが使えると便利です。ほとんどの場合Wordで、ということになります。またエクセルソフトを使うこともあり、この場合はExcelが標準的に使われます。従って、Microsoft Officeが使える環境が必要です。
Office2016のラインナップは主に3種類あり、ライセンス形式にサブスクリプ ションと永続ライセンスとがあります,

サブスクリプションは、用途に制限がない「Office 365 」があり、月額か年額で使うことができます。最新版のOffice2016 アプリケーションをご 利用いただける

まず最初に必要な選択は、家庭向け製品とビジネス向け製品の選択です。

▼Office家庭向け製品

一般的には Microsoft Office Personal が、プリインストールされているパソコンを購入する方が多いようです。

プリインストール版だと、7,000円位でセットされていますので、パソコンを購入するときであれば、プリインストール版のパソコンを購入することをお勧めします。

ところが、データを管理していくと Microsoft Access の必要性を感じます。既にMicrosoft Office Personal などがインストールされていれば、Microsoft Accessを単品で購入することになると思いますが、最も迷うのは今からMicrosoft Office を購入する人で、さらに Microsoft Access が必要な場合です。

 

代表的な選択肢は、次のような組み合わせです。

1.Office Professional 2016

2.Office 365 Solo

3.Office Personal 2016 + Microsoft Access 2016

4.Office Home & Business 2016 + Microsoft Access 2016

5.   Office 365 ProPlus

こうなってくると、Officeビジネス向け製品も検討したくなります。

▼Officeビジネス向け製品

PCの台数が、1~20台であれば、迷うことなく家庭向け製品でいいでしょう。しかし、気になるのは Office 365の利用です。

ビジネス向け製品では、Office 365 の契約をするとグループウェアも使えるしパソコンにインストールするOffice製品の権利も取得できます。

こうなってくるとどれを買っていいのやら、どの Office 365 の契約をしたらいいのやら、わからなくなってくることでしょう。

詳しくプランの比較情報を確認すると

▼家庭向け製品比較

家庭向け Microsoft Office 製品のラインアップ

▼ビジネス向け製品比較

Office 365 のすべての一般法人向けプランを比較する

まず、Office 365 には Office Online というWord / Excel / PowerPoint のアプリケーションがあります。

office-365-pro

これはブラウザで使用するOfficeアプリケーションで、いつも使っているOfficeと比べるとかなり機能が低くなります。

通常のOfficeと同じ機能を利用するには、ローカルPCにOfficeアプリをインストールする必要があります。

私が推奨するのは、閲覧する場合は Office Online でデータを参照し、編集する場合は、ローカルPCの Office デスクトップ で編集する方法だと思います。

Office 365 の利用については、システムを構築する場合にデータベースを遠隔地で共有する必要があるかないかです。Office 365の契約についてはシステム全体を検討する必要がありますので、今回は Office 365 の契約がない場合の Microsoft Office の購入についてを検討します。

コメントを残す