種類が多くて迷うかも?Office2019の選び方!お得な買い方を徹底解説!


種類が多くて迷うかも?Office2019の選び方!お得な買い方を徹底解説!

Office2016がマイクロソフトからの出荷が終了し、 “どこででもOffice2016を手に入れられる” という状況ではなくなりました。

つまり今後、Officeが欲しいと考えたとき、2019しか入手ができなくなります。

今まで、Officeが代替わりしたところでそれほど困ることは無かったのですが、今回は違います。

入手方法が今までと全く違うのです。
しかも、メチャクチャややこしいんです。 
ここを、今回はハッキリさせます。

Office2016 と Office2019 の違いは?

ここでは機能的な面のお話ではありません。

理解をしやすくするために、Office2016の場合と比較しながらお話します。

Office 2016を買いたいときは大きく分けて4つの方法がありました。

.初めからインストール済みのプレインストールPCを購入
.量販店や取扱店で必要な数だけパッケージを購入
.オープンライセンス等で購入(これは主に法人ですね)
.Office365を契約

これは、Office2019になっても同じです。

ただ、「考え方」 や 「買える場所」 が変わりました。
次から、一つ一つ詳しく掘り下げていきます。

プレインストールPCのOffice2019に関して

色々とOffice2019になって変わったことがありますが、このプレインストール版が一番変わったかもしれません。

Office2019には幾つかのグレードがあり、同梱ソフトが異なります。

主に、この4種類です。

Office 製品Office Personal 2019Office Home & Business 2019Office Professional 2019Office Professional Academic 2019
使用年数/使用台数PC/1台/搭載PC/1台/搭載PC/1台/搭載PC/1台/搭載
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
Publisher
Access

Office 搭載 PC なら、Word や Excel など、ドキュメント作成に必要な Office アプリケーションがプレインストールされているので、PC を買ったその日からすぐに Office を使うことができます。

オンラインコードのOffice2019購入に関して

他のシステムやプログラムの関係で、Officeが最新バージョンになってしまうのは絶対にダメ!・・という人の買い方の一つに※オンラインコード購入があります。

※パッケージ版と比べると、オンラインコード版はすぐに送られてくるので、待たずに商品を利用することができるメリットになります。

それぞれの価格は以下のようになっています。

・Office Personal (32,184円)
・Office Home & Business (37,584円)
・Office Professional (64,584円)

プレインストール版とオンラインコード版 Office のご利用には、Microsoft アカウントが必要となります。
Office の管理: ダウンロード、インストール、または再 インストールことができます。

ちなみに、このオンラインコード版を1つ購入すると2台にまでインストールできます。

ここで、大きな勘違いがたびたび発生するのですが、「1人が使うパソコン2台」 にインストール可能なのです。

「Office365 Solo」 と 「Office365 Business」 の違い

「Office365 Solo」 、 「Office365 Business」 は使えるOfficeの内容が異なります。

Officeの製品 Office365 Solo Office365 Business
1ヶ月契約1,274円1,090円
年間契約12,744円10,800円
Office アプリケーションWord,Excel,PowerPoint,Outlook,Access (Windows PC のみ),Publisher (Windows PC のみ),OneDrive,SkypeWord,Excel,PowerPoint,Outlook,Access, Publisher ,OneDrive
OneDrive1 ユーザーに合計 1 TB のストレージ1 ユーザーに合計 1 TB のストレージ

それぞれを年か月かで契約し、専用サイトからダウンロードしてソフトをインストールする形となります。

Office 365 Solo をインストールできるデバイスの台数制限がなくなり、1 ライセンスにつき、1 ユーザーが何台のデバイスにでも Office 365 Solo をインストールすることができます。

つまり、どこにいても、どのデバイス(Windows PC 、Mac 、タブレット、スマートフォンなど)を使っているかに関係なく、Office をお使いいただくことができます。なお、同時にサインインできるデバイスの台数は 5 台までです。

Office 365 Business は1ユーザーあたりPC5台までOfficeアプリケーションをインストールできる特典がありますが、インストール出来るPCは、同一ユーザーが所有・利用するPC5台までとなります。

Office 365 Business 1ライセンスで別々のユーザーが所有するPC5台へのインストールすることは、Office 365の規約違反となりインストール出来ませんのでご注意ください。

Office2019をインストールするにあたり、2つの大きな注意点

まず1つ目で、パソコンの動作環境ですが、Windows7,8,8.1にはインストールできません。

Windows10の環境にインストールしてください。

Microsoft Office 2019 の ダウンロード ついて参考

2つ目は、Office2016製品と、Office2019製品は、同一パソコンの中で共存することが出来ません。

Office2016 をお使いの方は、Office2019単体製品のみが欲しい場合でも、Office2019丸ごとが必要であることを覚えておいて下さい。

最終的なオススメな買い方

ここまで読まれていかがでしたか?

今までOfficeはパソコンの中に付いてくる物としてしか考えていなかったと思います。

しかし、プレインストールされてくるOffice2019も最新版「しか」使えないという難点。

Office365も同じく 「最新版問題」 が・・。

法人はオープンライセンスを選択という手もありますが・

コメントを残す