Mac 用 Office 2019 for Mac 使うには?価格・購入方法。


Mac 用 Office 2019 for Mac 使うには?価格・購入方法。

Office for Mac 2019とOffice 365について知っておくべきことをすべて伝えましょう、MS Office for Macのどのバージョンを購入するか、ダウンロードする方法など、価格についても含めて説明します。

Office Macとは、Microsoft Office Macには、Office Mac 2019やOffice Mac 2016のように永続使用可能な買い切り型と、Office 365 のように1か月ー1年更新のサブスクリプション型の2種類が存在しています。

Mac で office を使うには、主に以下の8つの方法があります。

Office Mac のを安くする方法は?その種類や価格など徹底解説!

【無料版】
Office Online
Open Office
Libre Office

【有料版】

Office Home & Student 2019 forMac
Office Home & Business 2019
Office Academic 2019 forMac
Office 365 Solo
Numbers (Mac標準アプリケーション)
Mac版 Office 互換ソフト!無料で使える

Mac でマイクロソフトの Office を無料で使うには、主に、「Office Online mac」、「Open Office」、「Libre Office」3つの方法があります。有料のオフィスソフトに比べると操作性に劣りますが、家庭で使うなら十分な機能が備わっています。

Macを買い替えたのですが、すぐにOfficeを使えたい、購入からすぐダウンロード、インストールできるサイト、下記を参照してください。

Office 2019を Macでダウンロードとインストールする方法に関するセクションを参照してください。

Microsoftから提供する「Office Online」

Microsoft社は、Web上でOffice製品が利用できるサービス―「Office Online」を無料で提供しています。

Office Onlineには、「Excel Online」だけでなく、「Word Online」、「PowerPoint Online」などのOfficeアプリもあります。

インターネットに接続すれば、無料でExcel、Word、PowerPoint、OneNoteのドキュメントを表示、編集、共有できます。

「Office Online」へのアクセスはこちら

操作性が高い「Open Office」

OpenOffice.orgから派生したMacでも使えるフリーのOfficeで、650MGの容量があります
有料のオフィスソフトに比べると操作性に劣りますが、家庭で使うならOpen Officeも操作が快適です。

OfficeのExcel、Word、Power Pointなども mac 利用できます。売上などを徹底的に記録・集計するのが目的なら、Open Officeでこと足りるはずです。要するに、数値を扱う作業に特化するほど、Open Officeで十分になってくる。

Open Office」のダウンロードとインストール方法はこちら

Numbers (Mac標準アプリケーション)

「Numbers」とは、Apple社が開発している、MacOS/iOS用の表計算ソフトです。
Mac 製品をお使いの方であれば、基本的にはデフォルトで搭載されており、Microsoft Officeシリーズの、 エクセル と類似しています。2020年3月の時点でアップル社 Numbers for Macの価格は2400円です。

Microsoft Office製品よりも機能は少ないですが、表を作成したり計算を行ったりなど、ビジネスシーンで必要となる機能は搭載されているため、高度な機能を必要とする業種の方以外であれば基本的には特に業務に支障なく使用できます。

Microsoft Office と高い互換性を持つ「Libre Office」

「Open Office」と同じに、OpenOffice.orgから派生したフリーのOfficeです。MS Officeと互換性が高く、他のOfficeと比べて軽いのが特徴です。MS Officeでいうと、インタフェースはOffice2003の形式に近いです。1.5GBの容量があります。

本ソフトには

• ワープロソフト「Writer」→Word
• 表計算ソフト「Calc」→Excel
• プレゼンテーションソフト「Impress」→Power point
• データベースソフト「Base」
• ドローソフト「Draw」
• 数式編集ソフト「Math」

の6つのソフトが含まれています。

Mac でLibre Officeを エクセル として使いたい場合は、「新規作成」の項目にあるCalcをクリックします

「Libre Office」のダウンロードとインストール方法はこちら

Officeをあまり使わない、MacでOfficeをちょっとした編集や閲覧をしたいだけであれば、以上の三つのフリーソフトで十分でしょう。

どっちがおすすめかというと、一度どちらも導入してみて検討するのが一番ではないかと思います。 なんせ無料ですから。

会社の業務などビジネスの世界では、やはりMac用のMicrosoft Office製品がスタンダードです。

Macだけで使える、Office Home and Student 2019 for Mac

Office Home and Student 2019 for Macはmac向け2019版のWord、Excel、PowerPoint、OneNoteが含まれています。価格は 24,534円。Mac 2 台にインストールできる永続ライセンス。

一ライセンスが2台のMacにインストールすることができます。企業用アプリのOutlookが付属されていないから、商用利用できなく、個人しか使えません。

商用利用したい方は、続いて読んでください。

個人でも仕事でも利用できる「Office Home & Business 2019」

Office Home & Business 2019 は、Office 2019の家庭や小規模企業向けのソフトウェアです。Word、Excel、Outlook、PowerPointが含まれています。価格は¥37,584円。2 台の Windows PC または Macにインストールできる永続ライセンスです。

Outlook for Mac 2019も利用可能で、商用利用が可能。Excel for Mac 2019、Office Home & Student 2019 for MacとOffice Home & Business 2019は、買い切り型で、最新Officeを使うには、追加費用がかかります。

学生と教職員向けのOffice Academic 2019 for Mac

Office Academic 2019 for MacはMacの最新機能を最大限に活用するために一から設計されたMac用のオフィス統合ソフトです。Outlook、Word、Excel、PowerPointがが含まれています。公式 価格は34,800円。2台のマックにインストールでき、Mac向けの買い切り型の永続ライセンス版。

アカデミック版のOfficeなので購入時には学生証など証明できるものを提示する必要があります。

MacとWindows両方で使える Office 365 Solo

常に最新版の製品を使用することができます。また、 Mac だけではなくWindowsでも Word、 エクセル 、PowerPoint、OneNote、(Access MAC非対応)、
outlookと全てのOfficeアプリが利用可能です。

買い切りの永続ライセンスではなく、年額または月額料金制になっているのが特徴です。
Office 365 Soloを日本Microsoft 公式サイトから、月間は1274円、年間12,744円で契約できます。

個人向けOffice 365サブスクリプションでのインストール台数を無制限にするとともに、最大5台まで同時利用できる.

対象となるのは、海外で個人向けに提供されているOffice 365 HomeとPersonal、そして日本国内向けのOffice 365 Soloです。

結局どれがいい?

Macで Office をちょっとだけ使うなら……無料版或いはMac標準のアプリ(Numbers)

学生と教職員の方、Mac 向けOffice使えたい、安くOffice Academic 2019 for Macを購入したい方にはおすすめです。

Macで長年間 Office を利用したいなら……Office Home & Student 2019 for Mac(個人)或いはOffice Home & Business 2019(個人と商用)

常に最新のOfficeを使いたい、Windows Mac PCも持っているなら……Office 365 Solo