Microsoft Excel 、エクセルを 無料 で使うには?体験版と代替

2021年10月19日


Microsoft Excel 、エクセルを 無料 で使うには?体験版と代替

表計算のソフトウェアであるMicrosoftの Excel だが、仕事で使うPCだとExcelが入っていないことが多い。

Microsoft社の Excelやワードは有償の製品ですから、必要なら購入しなければなりません。

Excel 2019(単体) Excelのみ使いたい方は、単体の価格で、1万6千円程度で購入ができます。

しかし、表計算ソフトを少しだけ使いたい人に、わざわざ約1、6000円円払って、 Excelを購入することはおすすめしない。

そこで、この記事では、そのような表計算ソフトを少しだけ利用したい人向けに無料で使えるフリーソフトウェアを紹介する。

実際に私も利用しており、問題なく使っているので、是非試して欲しい。

無料でエクセル(Excel)を使う方法

無料でExcelを使うには、主に以下の4つの方法があります。

1、無料の「excel online」を使用する
2、Excelと互換性がある表計算ソフトアプリ(Open Office)と(Libre Office)
3、Microsoft 365 試用版

無料でExcelを使うには、主に、「Excel Online」、「Open Office」、「Libre Office」、「Microsoft 365 試用版」4つの方法があります。

有料のオフィスソフトに比べると操作性に劣りますが、家庭で使うなら十分な機能が備わっています。

無料 で excel onlineが手に入る

無料 で excel onlineが手に入る

Excel のOnline版はすべてのデバイスで 無料 で使用できるソフトウェア。
複数の Windows PC/Mac 、タブレット、スマートフォンにExcelアプリを無料で使います。

Excel Onlineには、Microsoftアカウントを登録すれば無料でExcelのオンライン版を使用することができます。

インターネットに接続すれば、無料で Excel、Word、PowerPoint、OneNoteのドキュメントを表示、編集、共有できます。

【公式サイト】excel online

「Excel Online」へのアクセスはこちら

Microsoft 365 試用版で Excel を無料で使う方法

Microsoft 365 PersonalのExcelアプリの体験版を30日無料でダウンロードすることができます。

無料体験版はアプリの公式な完全版で、Excel最新版のすべての機能とアップデートが含まれています。

Microsoft製品の個人向け Microsoft 365でExcelアプリはじめ、さまさまなアプリを無料で体験できますが

Microsoft 365 Personalの Excel アプリの体験版を無料で使う方法紹介します。

Microsoft 365 Personalの Excel アプリ 体験版

移動先には、購入前に利用できる無料体験のスタート画面があり、有料のExcelが期間限定で無料体験できます。

また、Excelを含むMicrosoft officeのすべてのソフトを利用できる「Microsoft 365 Personal」も無料体験が可能です。

メールアドレスを入力し、購入手続きを行うと、無料でダウンロードができます。
ただし、無料期間が終了すると、そのまま有料プランに移行するため、解約したい場合は早めの手続きが必要です。

Excelの無料期間は、ダウンロードから30日間です。
無料でのダウンロード時にクレジットカードの登録すると、その後は自動で有料に移行するため、有料にしたくない人は注意が必要です。


使っても使わなくても、無料期間は30日間のみなので、使うタイミングに合わせて無料体験を始めた方が良いでしょう。

Excelの無料体験版の利用条件は特にありません。
無料でも、Excelに含まれている全ての機能を使えます。ただし、無料体験は一度のみで、次からは有料でのみ利用可能です。

Microsoft 365 Personal 体験版の試用方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。

互換操作性が高い「Open Office」

penOffice.orgから派生したMacでも使えるフリーのOfficeで、650MGの容量があります

有料のオフィスソフトに比べると操作性に劣りますが、家庭で使うならOpen Officeも操作が快適です。

Excel の他に、WordやPower Pointなども 無料で 利用できます。売上などを徹底的に記録・集計するのが目的なら、
Open Officeでこと足りるはずです。要するに、数値を扱う作業に特化するほど、Open Officeで十分になってくる。

「Open Office」のダウンロードとインストール方法はこちら

Microsoft excel と高い互換性を持つ「Libre Office」

「Open Office」と同じに、OpenOffice.orgから派生したフリーのOfficeです。MS Officeと互換性が高く、他のOfficeと比べて軽いのが特徴です。

MS Officeでいうと、インタフェースはOffice2003の形式に近いです。1.5GBの容量があります。

本ソフトには

• ワープロソフト「Writer」→Word
• 表計算ソフト「Calc」→ Excel
• プレゼンテーションソフト「Impress」→Power point
• データベースソフト「Base」
• ドローソフト「Draw」
• 数式編集ソフト「Math」

の6つのソフトが含まれています。

無料 でLibre Officeを エクセル として使いたい場合は、「新規作成」の項目にあるCalcをクリックします。

「Libre Office」のダウンロードとインストール方法はこちら

Office をあまり使わない、 無料で Excel をちょっとした編集や閲覧をしたいだけであれば、以上の三つのフリーソフトで十分でしょう。

どっちがおすすめかというと、一度どちらも導入してみて検討するのが一番ではないかと思います。 なんせ無料ですから。

会社の業務などビジネスの世界では、やはりMicrosoft OfficeのExcel製品がスタンダードです。

まとめ

いかがだろうか。

Microsoft Excel の代わりに無料で使える表計算ソフトウェアを紹介した。

Excel高額のため、あまり使わない人であれば今回紹介したフリーソフトウェアで十分利用できる。

もし、それでも Microsoft の Excel が必要ということであれば、Office パッケージにExcelが含まれているOffice 製品を購入することが可能なので、そちらも検討してみて欲しい。

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。

Excel, office

Posted by PC LIVE