Adobe After Effects(アフターエフェクツ)CS6を激安価格で手入

2019年11月13日


Adobe After Effects(アフターエフェクツ)CS6を激安価格で手入Adobe after effects(アフターエフェクト)CS6は値段が高くて手が出せないのですが安いところというのがあるのでしょうか.映像編集とビジュアルエフェクトのソフトウェア、アドビ After Effects CS6をダウンロード版を特別な価格で購入する事ができるのです。

動画・映像制作におすすめのAdobe After Effectsとは

Adobe After Effectsとは、 Adobe社が開発するVFX-モーショングラフィックスソフトのことです。
このAfterEffectsは、CMやドラマ、ゲーム、アニメ、動画配信サイト、そしてハリウッド映画など、様々なプロの現場で使われている、プロ仕様の映像制作ソフトなのです。
1からアニメーションを作り出したり、イラストに様々なエフェクトを使ったり、燃え盛る炎のアニメーションを作ったり、テキストを3次元的に動かしてバラバラに粉砕したり…本当にこのソフトで作れない映像は無いのではないかと思う程、超高機能なソフトと言えます。

Adobe After Effectsの機能

動画・映像制作におすすめのAdobe After Effectsですが、どのような機能があるのかご説明しておきたいと思います。
After Effectsで作る動画は、レイヤー構造となっています。
レイヤー構造と言うのは、一番下に背景、その上にキャラクター、そのうえに文字…と言った「層」を積み上げて1枚の絵・動画に見せる手法です

Adobe After Effects CCと CS6の違い

お金の面では月額制になったこと。ソフト面では、、、全部使えるようになったこと。全部。全部のAdobeソフトが定額(月額)で使い放題。

Adobe社が作っているステキなクリエイティブソフトが全部使えちゃうんです!

CSシリーズは、自分が使うソフトを単体購入するか、セットになっているパッケージを購入するかの選択が出来きます、

映像編集ソフト | Adobe After Effects CS6体験版ダウンロード

atter-cs6

Adobe after effects(アフターエフェクト)CS630日間無料で使う

動作環境:
【言語】:日本語
モニタ:1280×900以上 ビデオカード:OpenGL 2.0対応のもの 他DVD-ROMドライブが必要 ※ディスクキャッシュ用に追加のディスク容量が必要。マルチメディア機能を利用するためには、QuickTime 7.6.6が必要。GPU対応の3Dレンダラーを利用するには、アドビ認定のGPUカードが必要。ビデオハードウェアの互換性および詳細な必要システム構成については、メーカーHP参照(www.adobe.com/go/aftereffects_systemreqs_jp)
【メディアコード1】DVD-ROM
対応OS:Mac
【OS説明】MacOS X 10.6.8/10.7 ※64bitのみ対応
【機種】Intel搭載Mac
【ハードディスク(必要ディスク)】4GB以上 ※インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムを使用している場合や、取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
【CPU】intel CPU ※64bit対応必須
【メモリ】4GB以上

今回は、動画・映像制作に持っておきたいAdobeソフトの紹介と、Adobeソフトを格安で手に入れる方法を紹介しました、

「ライセンス認証の解除」には対応いたしかねます。
別のPCへ再インストール可能です一ユーザーが使用する合計2台までのPCにインストールできます。

Adobe after effects(アフターエフェクト)CS6は従来の永続ライセンス購入したいなら詳しくはリンク先にて!