延長サポートあと1年終了するOffice 2013


延長サポートあと1年終了するOffice 2013

2013年10月(日本時間)にマイクロソフト社が提供しているオフィスソフト「Office 2013」の延長サポート期間が終了まで余剰1年です。

Microsoft Office 2013は、メイン サポート は、2018年4月10日 まで、延長サポートは2023年4月11日まで終了。

Microsoft Office 2021 Pro plus|ダウンロード版|Windows|PC1台用|


マイクロソフト

価格: 13,000円
レビューを書いて500円OFF‼
ポイント: 625pt (5%)
送料無料!

延長サポートが終了するとどうなるか

延長サポートあと1年終了するOffice 2013

サポート終了後は、新たな脆弱性が発見されてもセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるのです。
ウイルスに感染してしまうと「パソコンの乗っ取り」や「情報の漏洩」に繋がり経営にリスクが生じるため、新しいバージョンのOffice 2021へ移行が必要にあるでしょうね。

各Officeのサポート期間

いままで販売したMicrosoft Officeのサポート期間は以下のとおりです。

Office 2013、Office 2016、Office 2021のメインストリームサポートと延長サポートついて紹介します。

バージョンメインストリームサポート終了日延長サポート終了日
Office 20132018年4月10日2023年4月11日
Office 20162020年10月13日2025年10月14日
Office 20212026年10月13日なし

まとめ

今回は、Office 2013の延長サポート終了後の影響とそれに伴う危険性、

そして、Officeへ移行するなら、Office 2021やMicrosoft 365をおすすめします。

office

Posted by PC LIVE