Microsoft Office standard 2021 とは?内容や価格について

2024年1月7日


Microsoft Office standard 2021 とは?内容や価格について

ビジネス向けOfficeのボリュームライセンスの買い切り版、 Microsoft Office standard 2021 の説明記事です。

様々なシーンでよく利用するWord/Excel/PowerPoint、メールソフトのOutlookに加えて、Publisherをセットになったパッケージソフトです。

それでは、価格と内容を紹介します。

Microsoft Office 2021 Pro plus|ダウンロード版|Windows|PC1台用|


マイクロソフト

価格: 13,000円
レビューを書いて500円OFF‼
ポイント: 625pt (5%)
送料無料!

Microsoft Office standard 2021 とは?

Microsoft Office standard 2021 とは、2021年10月22日に発売された、ビジネス向けのボリュームライセンスで購入する、買い切り型の永続ライセンス版となります。

Access以外の全てのOfficeアプリケーションが利用でき、入手方法はMicrosoftのEnterpriseに加入する必要があります。Enterpriseに加入するには、ユーザー/デバイス数の契約数が最小でも500が必要となります。

Microsoft Office standard 2021の内容

さらに詳しくMicrosoft Office standard 2021を説明します。

インストールできる台数

1台のWindowsPCにインストール可能です。

利用できるアプリケーション

Windows版の

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook
  • Publisher

を利用できます。

システム要件

OSWindows 10、11
アカウントMicrosoftアカウント
後で発行でも問題なし
インターネットライセンス認証が必要なのでアクセスできる状況
プロセッサ1.6GHz、2コアプロセッサ
メモリ4GB、2GB(32ビット)のRAM
空き容量4GB以上
画面解像度1280×768

Microsoft Office standard 2021の価格

「Office standard 2021」は企業向けの商品で一般消費者向けには販売されていません。

Office standard 2021を導入した企業の方は、Microsoft社からお問い合わせください。

最後に

ビジネス向けOfficeのボリュームライセンスの買い切り版であるMicrosoft Office standard 2021について紹介しました。

Microsoft Office standard 2021は、Access以外の全てのOfficeアプリケーションを利用できます。

一般消費者は購入できないとなっています。

Office standard 2021を購入したい企業は、Microsoft 社からお問い合わせしてください。

Office 2021

Posted by PC LIVE