Microsoft 365とOffice 2021のどちらを選ぶべきですか?

2022年11月23日


Microsoft 365 とOffice 2021のどちらを選ぶべきですか?

Microsoft 365 とOffice 2021の違いは何か疑問に思ったことはありませんか?

今回は、Officeを買い替えると検討している方に、Microsoft 365とOffice 2021のラインセスや機能などの違いを解説します。

Microsoft 365

Microsoft 365

Microsoft 365は、Microsoftのサブスクリプションサービスであり、非常の新機能を備えた最新の生産性向上ツールを提供して、作業を簡単にできます。

従来のアプリ(Outlook、Word、Excel、PowerPoint)だけでなく、Teams、Yammer、Stream、Swayなどの他のWebベースのアプリやサービスへのWebベースのアクセスを提供します。

家庭用および個人用のMicrosoft365プランがいくつかあります。また、中小企業、企業、学校、および非営利団体向けのプランもあります。

メリット

  • すべてのプランには、最大1TBのクラウドストレージ(約25 万枚の画像または650 万のドキュメント)が含まれます
  • 各ユーザーは、5台のPCまたはMac、5台のタブレット、5台のモバイルデバイスにインストールできます
  • ユーザーは、サブスクリプションを最大6人の家族と共有できます(サブスクリプションプランによって異なります)
  • Office 365アカウントの既存のユーザーに適用されたライセンスを一括で割り当て、または削除、追加
  • 定期的なセキュリティの更新、改善、および最新機能へのアクセス
  • 継続的な技術サポートとセキュリティ修正
  • 前払いの必要はありません:月払いまたは年払いのいずれかを選択し、1年間支払うことで契約できます
  • Skypeを使用して相手が Skype ユーザーでなくても OK! 固定電話、携帯電話番号への発信をお得に。

新しい変更は圧倒される可能性があります

あなたは不必要な機能にお金を払うかもしれません

どんな人がMicrosoft 365を購入する必要がありますか?

クラウドのツール、機能、および機能が豊富にあるため、Microsoft 365は新しい作業方法を可能にし、
職場の生産性を向上させます。これは、ビジネスをつくる仕事高くし、 最新の機能とセキュリティ更新を継続的な技術サポートとともに楽しみたい企業にとって得意です。

Office 2019

Office 2021はOffice 2019の後継モデルあり、Office アプリの買い切り版です。

前払いで1 回限りの購入で、同一ユーザーが 2 台の Windows PC または Mac にインストールして、そのライセンスを永久に使用します。

メリット 1

一度支払うと、永久に使用します
長期的には、サブスクライブするよりもライセンスを所有する方が安くなります

メリット 2

  • ライセンスは、二つのデバイス
  • Windows10とmacOSでのみ動作します
  • このバージョンはアップグレードオプションなしでのみ入手できます
  • メインストリームサポートのサポートは5年間に制限されています
  • インストールにはいくつかのノウハウが必要です
  • 限定的なセキュリティアップデート

どんな人が Office 2021を購入する必要がありますか?

Office 2021は、クラウドに参加する準備ができておらず、必要なアプリ(Outlook、Excel、PowerPoint、Word)のみが必要な商用のお客様向けに設計されています。

Officeスイートを2つのデバイスにインストールし、より従来のエクスペリエンスを選択する場合は、Office 2021が適しています。

Microsoft 365と Office 2021の違いは何ですか?

2つの製品の主な違いを確認して、どちらが最適かを判断してください。

支払い方法

まず最初に、Office 2021を購入し、Microsoft 365にサブスクライブ(定期購読する)します。

つまり、1回限りの購入と、月額または年額のサブスクリプションの支払いを行います。

製品とサービスの範囲

Office 2021を購入すると、Excel、Word、PowerPointなどの従来のOfficeアプリを入手できます。

Microsoft 365にサブスクライブすると、あらゆるデバイスで使用できるクラウドベースおよびAIベースの機能の素晴らしい配列を楽しむことができます。

更新のプログラムと機能

Office 2021ではOneDriveが無料で5GBまで使用することができます。

Office 2021はセキュリティ更新プログラムのみを取得し、新機能は取得しません。

Microsoft 365を使用すると、毎月品質の更新が行われるため、バージョンは常に改善されます。また、追加機能も利用できます(つまり、PowerPoint DesignerツールはAIを使用してコンテンツを分析し、より適切なレイアウトを提案するため、よりプロフェッショナルに見えます)。

「Microsoft 365には、完全にインストールされたOfficeアプリケーション(最新バージョンのWord、Excel、PowerPoint、およびOutlook)が含まれています
。しかし、これらのアプリは時間の経過とともに改善され続け、毎月新しい機能が提供されています。最も重要なことは、Microsoft 365がクラウドに接続されているため、任意のデバイスからコンテンツにアクセスし、(Officeのコピーを購入したかどうかに関係なく)リアルタイムで誰とでも共著し、人工知能の力を利用できることです。(AI)より少ない労力でインパクトのあるコンテンツを作成する。

Office 2021について言わなければならないことは次のとおりです。

「逆に、Office 2019は、私たちが知っていて大好きなOfficeアプリのフルインストールも提供しますが、
それらはパソコンのみ使います。新しい機能で更新されることはなく、クラウドに接続されていません。
また、Office 2021は、アプリ間でのリアルタイムの共同編集をサポートしておらず、Microsoft 365に付属する驚くべきAIを活用した機能を備えていません。」

まとめ

今回は、Microsoft 365とOffice 2021の違いついてしつました。

時代に合わせて移動したい場合は、スタッフをMicrosoft 365の最新の職場に切り替えることをお勧めします。ユーザーが最新の生産性ツールにアクセスできると、より良いビジネス結果が得られます。

Office 2021

Posted by PC LIVE