Microsoft Office をアップグレードする方法


Microsoft Office をアップグレードする方法

この記事では、Microsoft Office を新しいバージョンにアップグレードする方法を説明します。

Microsoft 365は契約期間内に最新Officeへ無料でアップグレードできますが、Office 2019は、Office 2021へ無償アップグレードすることできません。

Office 2021にアップグレードする場合、Microsoft 365 サブスクリプションまたはOffice 2021の永続ライセンスを購入する必要があります。

Officeの常に最新バージョンと最新版を使いたい場合、参考にしてください。

最新版のOffice for Macを使いたい人におすすめの商品

最新版のOfficeへアップグレード方法

Office 2019から Office 2021へのアップグレードするには、次の2通りの方法があります。

Office 2021(永続ライセンス版)

Microsoft 365 (旧Office 365)(サブスクリプション版)

それぞれの手入方法を解説します。

Office 2019から Office 2021へのアップグレード

Office 2019から Office 2021へのアップグレード

Office 2021 アップグレード版は販売いていません、Office 2019から Office 2021へのアップグレードするにはOffice 2021の永久ライセンス版を購入することができます、

  • Word、Excel、Outlook、PowerPoint と OneNote が、Windows PC / Mac どちらでも使える、Office Home & Business 2021が38,284円。
    Word、Excel、Outlook、PowerPoint、Access、Publisher と OneNote が使える、Office Professional 2021が65,784円。
  • Mac 向けのWord、Excel、PowerPoint と OneNote が使える、Office Home & Student 2021 for Macが26,184円。
  • Windows PC向けのWord、Excel、Outlook が使える、Office Personal 2021が32,784円。

最新バージョンOffice を利用する方法はOffice 2021ですが、やはり永続ライセンスをほしいということです。

パソコン2台のみで使うならOffice 2021をおすすめです。

 Office へ 無料 アップグレード方法

Microsoft 365は毎月または毎年、一定額の料金を支払うことで継続的に Officeを利用できます。

すべてのアプリへのアクセスし無料でアップグレードして使います。

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access などが含まれています。

これで、常に最新版のアップグレードした Officeを使います。

ライセンスは、5台のWindows PC 、Mac 、タブレット 、スマートフォンに Office をするができます。

毎年料金かかりますが、いつも最新版をご利用できるのは特徴です。

まとめ、Office をアップグレードする方法

ということで、Office を無料でアップグレードする方法を紹介しました。

Officeの永久ライセンス版を続けて使用したい場合、Office 2021がおすすめ。

最新版Officeへ無料でアップグレードして使用する場合はMicrosoft 365がおすすめ。

Office 2021

Posted by PC LIVE