Microsoft PowerPoint 2021の価格と特徴

2024年1月25日


Microsoft PowerPoint 2021の価格と特徴

PowerPoint 2021は、Microsoftが公式に提供する永久ライセンス版のPowerPointです。サブスクリプション形式ではなく、一度の購入で永続的に使用できる点が主な特徴として挙げられます。定期的な更新料金の心配がありません。この記事では、PowerPoint 2021の価格やその特徴を詳しく紹介します。2019と違いもあせわて紹介しいるので参考にしてください。

Microsoft Office 2021 Pro plus|ダウンロード版|Windows|PC1台用|


マイクロソフト

価格: 13,000円
レビューを書いて500円OFF‼
ポイント: 625pt (5%)
送料無料!

Microsoft PowerPoint 2021とは

Microsoftが開発したPowerPoint 2021は、最新版のPowerPointソフトウェアです。サブスクリプションモデルではなく、一度の購入で永続的に利用可能であり、1ユーザーが2台のMacまたはWindowsデバイスにインストールすることができます。そのため、定期的な更新料金を支払う必要がなく、最新のプレゼンテーション機能を長期間にわたって使用できるため、長期的な利用を考えている方にPowerPoint 2021は特におすすめです。

パワーポイント2021を使ってできること

PowerPoint 2021でできることは多岐にわたります。

  • 共同編集、
  • 最新のコメントとのコラボレーションを強化する
  • プレゼンテーションのユーザーを知る
  • 視覚的な更新
  • 新しく改善されたスライド ショーの記録
  • ストック メディアの新機能を表示する
  • インク ストロークを再生する
  • Microsoft Search で必要なものを見つける
  • 変更が発生した場合は保存する
  • スクリーン リーダー用にスライドの要素を配置する
  • スライドへのリンク
  • コンテンツのリーチを拡大する
  • OpenDocument 形式 (ODF) 1.3 のサポート
  • [描画] タブ
  • 最適な色を選ぶ
  • スケッチ スタイルのアウトライン

多くのことに使えるPowerPoint 2021ですが、やはりイメージしやすいスライドを作るために欠かせません

PowerPoint2021 はプレゼンの作り方だけでなく、図やイラスト、サウンド、ビデオなどにも利用できます。

サポート期限はいつまで

PowerPoint 2021のメインストリームサポート期間は5年。

PowerPoint には、延長サポートありません。サポートは2026/10/13に終了します。

PowerPoint 2021の価格

Microsoftの公式サイトで販売している、PowerPoint 2021の値段は、16,284円 (税込)。PowerPoint 2021のみ使いたい方にオススメです。

なお、MacでPowerPoint、Word、Excel、Outlookを使いたい方は、Office Home and Business 2021 For Macがオススメです。16,800円で購入できます。

516円の差額でWord、Excel、Outlookの3つのアプリケーションを使えますので非常にお得です。

PowerPoint 2019 と2021違い

PowerPoint 2019 と2021の主な違いは、新しい機能や改善の提供形態です。
最新版のPowerPoint 2021には、2019バージョンでは利用できなかった新しい機能が追加されています。一方、PowerPoint 2019には、新機能の追加が提供されていません。
そのため、PowerPoint 2019にはない機能がPowerPoint 2021にはあるというわけです。

Microsoft PowerPoint 2021の価格と特徴 まとめ

以上、PowerPoint 2021の価格と特徴ついて紹介しました。
Microsoft PowerPoint 2021は、度購入すると永続的に使用することができる単品製品です。
公式サイトの価格は、20,590円(税込み)となっていますが、購入する場所や購入方法により、若干安く入手できます。買い切り版で最新版を使うのは特徴ですが最新機能をアップグレードできのはデメリットです。

powerpoint

Posted by PC LIVE