PowerPointの無料体験版を使う方法や代わりに使えるツールを解説

2022年6月25日


PowerPoint の 無料 体験版を使う方法や代わりに使えるツールを解説

「PowerPointを無料で使いたい」「 PowerPoint のように資料を編集できる 無料 ツールを知りたい」「PowerPointのようにプレゼンテーションを編集できる無料ツールを知りたい」と情報を集めている方に向けて、このページではPowerPointの無料体験版を使う方法やPowerPointの代わりに使える無料ツール4選を解説します。

プレゼン資料の作成に使う人は、 PowerPoint や資料を編集できる無料ツールに興味を持っている人も多いでしょう。

PowerPointでできることはたくさんあり、似たような無料ツールも豊富にあります。

そこでこの記事では、PowerPoint でできることや PowerPoint の 無料 体験版を使う方法、 無料 で使えるPowerPointのモバイルアプリ、PowerPointの代わりに使える無料ツール4選を取り上げます。

最新版のOffice for Macを使いたい人におすすめの商品

PowerPoint(パワーポイント) でできること

PowerPoint でできること

PowerPoint を使用した、さまざまなアイデア スライドを用意しました。インタラクティブな教材、コミュニケーションや、学習、生活の困難を助けるツールとして PowerPoint を活用した例などをご覧いただけます。そのまま使用したり、加工して使用していただくことができます。

PowerPoint の基本機能は、次の通りです。

  • プレゼンテーション用の資料作成
  • 印刷配布物の作成
  • 設計資料、指示書など

PowerPointの機能は定期的にバージョンアップされ、本格的に資料編集したい人にとって欠かせないツールです。

Microsoft 365の PowerPoint アプリの無料体験版を使う方法

Microsoft 365の PowerPoint アプリの無料体験版は、料金を支払って利用する場合と機能性に違いはありません。ここでは、こうしたPowerPoint アプリの無料体験版を使う方法について詳しく紹介します。

無料体験の期間

Microsoft 365の PowerPoint アプリの無料体験版を使える期間は、30日間と決められています。
そのため、「 PowerPointを使ってみよう」と思い立ったときではなく、使用することを決定してからダウンロードしましょう。

そうしないと、無料体験の期間を有効活用できない可能性があります。期間内にどのようなツールなのか、隅々まで試してみましょう。

また、無料体験版をアンインストールして再インストールした場合、期間を延長できるわけではないので注意が必要です。

利用できる機能

Microsoft 365の PowerPoint アプリの無料体験版の期間はそれほど長くないものの、有料版のPowerPointと同じ機能を使うことが可能です。

そのため、有料版を利用する前に、PowerPointがどのようなツールなのかを把握し、資料編集を試すことができます。
また、利用に関するサポートも有料版同様に受けることができます。

Windows PC/Mac 、タブレット、スマートフォンに対応していますが、パソコンの必要なシステム構成は事前に確認しておきましょう。

無料体験版を使う方法と手順

Microsoft 365の PowerPoint アプリの無料体験版を使う方法と手順は次の通りです。

  1. Microsoftの公式ぺージへアクセス
  2. 1 か月間無料で試すを選択
  3. Microsoft アカウントをサインインして「続行」を選択
  4. 支払いの情報を入力して「無料体験版を始める」を選択
  5. Microsoft 365の PowerPoint アプリをインストールするデバイスを選択する

インストールした後は自動的にソフトが起動され、そのまま利用することが可能です。

無料体験版のダウンロードに失敗した場合は、再度ダウンロードしてみましょう。その前に、ウィルス除去やキャッシュのクリア、ファイル削除などをしておくと、スムーズにインストールできる可能性があります。

また、サーバーが込み合っている状態のときはダウンロードできないケースもありますので、
週末のダウンロードはできる限り避けることをおすすめします。

体験版から有料版に切り替える方法

Microsoft 365の PowerPoint アプリは、体験版の期間の途中からでも、終了後でも、有料メンバーシップに切り替えることが可能です。有料メンバーシップに切り替える方法は、次の通りです。

  1. Microsoft 365 管理センターで、[課金] > [お使いの製品] ページに移動します。
  2. [製品 ] ページ で、購入するサブスクリプションを探します。
  3. [ライセンス] セクションで、[サブスクリプションの購入] を選択します。

手続き後、登録メールアドレスに確認メールが届きます。Microsoft 365 Personalの単体プランの料金は、年間1万2,984円(税込)です。

Microsoft製品のPowerPoint の代わりに使える無料ツール4選

無料で代わりに使えるPowerPointツールは、、次の通りです。

  1. Googleスライド
  2. Libre Office
  3. Apache Open Office
  4. Keynote

この4つの選定基準は、無料で使用できることと、PowerPointと同じような機能が使えることです。

Googleスライド

Googleスライドは、インストールすることなく、オンラインで資料編集ができる無料ツールです。
スマートフォンでも使い勝手のいいGoogle スライドを使って、外出先などでプレゼンテーション資料のベースやデザインを作り、仕上げは機能が充実したPowerPointで行うといった使い方ができそうです。

Libre Office

LibreOfficeは、パワフルで自由に、無料で使えるオフィスソフトです。
OpenOffice(.org)をもとに作られ、世界中で何百万人もの人々が利用しています。
すっきりとしたインターフェースと強力な機能は、あなたの創造力を最大限に引き出し、
生産性を大幅に向上させるでしょう。LibreOfficeには、自由なオープンソース・オフィスソフトに求められる、Writer(ワープロ)、Calc(表計算)、Impress(プレゼンテーション)、
Draw(ベクタードロー画像作成と視覚化ツール)、Base(データベース)、
Math(数式エディタ)といった数々のアプリが含まれています。

Apache Open Office

Apache OpenOfficeは無料のオフィススイートで、ワープロから表計算、プレゼンテーションまで、オフィス業務に必要なさまざまなプログラムを備えています。

オープンソースであるOpenOfficeをベースに派生したソフトも多く、LibreOfficeやNeoOfficeもそのうちの一つです。

Windows、Mac、Linuxなどの各種OSに対応しており、それぞれのインターフェースも直感的な操作が可能です。

Keynote

PowerPoint と互換性のあるフリーソフト「Keynote」と「スライド」を紹介します。

「Keynote」は、Apple社が開発している、Mac標準搭載のプレゼンテーションアプリです。

これに魅力的なエフェクトを使ったり、印象的なプレゼンテーションを作ることができます。

Keynoteには、PowerPointにあるようなクリップアート機能がありません。手軽にデザイン済みの素材を使うことのできるクリップアートは、やはり便利でしょう。

PowerPointの無料体験版を手軽に始めよう

PowerPointでできることは、プレゼンテーション用の資料作成、印刷配布物の作成、設計資料、指示書など無料体験版もリリースされています。

無料体験版を使える期間は30日間と決められていますが、無料体験版でも有料のPowerPointと同じ機能を使うことが可能です。

体験版の期間の途中からでも終了後でも、有料メンバーシップに切り替えが可能なので、本格的に資料編集したい人は検討してみましょう。

パワーポイントの代わりに使える無料ツールもあるため、できるだけ費用をかけたくない人は、無料ツールの導入を検討することをおすすめします。シンプルな機能で、PowerPointよりも使いやすい場合もあります。

資料編集を無料で手軽に始めてみませんか。

powerpoint

Posted by PC LIVE