無料(フリー)で使えるおすすめの Word(ワード)比較まとめ!

2022年5月20日


無料(フリー)で使えるおすすめの Word(ワード)比較まとめ!

文章作成のソフトであるMicrosoftのword だが、仕事で使うPCだとWordが入っていないことが多い。

しかし、Wordによって機能や操作性がMicrosoft社の Excel やワードは有償の製品ですから、必要なら購入しなければなりません 。

Word 2021(単体) Wordのみ使いたい方は、単体の価格で、1万6千円程度で購入ができます 。

しかし、文章作成ソフトを少しだけ使いたい人に、わざわざ約1、6000円円払って、Wordを購入することはおすすめしない 。

そこで、この記事では、そのようなワープロソフトを少しだけ利用したい人向けに無料で使えるフリーソフトウェアを紹介する 。

Microsoft Office 2021 Pro plus|ダウンロード版|Windows|PC1台用|


マイクロソフト

価格: 13,000円
レビューを書いて500円OFF‼
ポイント: 625pt (5%)
送料無料!

Word(ワード)は無料で使う方法

だれでも、Wordを無料で使う方法は、4つの方法があります。

1、無料の「Word online」を使う
2、Wordと互換性がある文章作成ソフト(Open Office)と(Libre Office)
3、Microsoft 365 試用版のWordアプリを使う

無料でWordを使う方法は、主に、「Word Online」、「Open Office」、「Libre Office」、「Microsoft 365 試用版」4つの方法があります。

有料の文書作成ソフトに比べると操作性に劣りますが、家庭で使うなら十分な機能が備わっています。

Microsoft Word(ワード)を無料で使える

Microsoft Word(ワード)を無料で使える

Word Online(ワードオンライン)とはMicrosoftが開発し、オンラインで 無料 利用できる Wordソフトウェア。

Word Onlineを利用すると、オンライン版のWordフアイルを編集、共同作業などできますがWord パッケージ版に比べていろいろな制限がある。

そこで、ネットが繋がっている環境であれば、PC だけでなく、タブレット・スマートフォンなど様々なデバイスから、Wordをアクセス可能。

Microsoft アカウントがあれば、ブラウザー からWord Online の製品サイト へアクセスして、サインインするだけで利用したいWordアプリを選んで開けます。

【公式サイト】Word online

「Word Online」へのアクセスはこちら

Microsoft 365 試用版で Word を 無料 で使う方法

Microsoft 365 PersonalのWord アプリ完全版を無料でダウンロードできます。

無料体験版で、文書を他のユーザーと共有し、リアルタイムで一緒に編集、最新機能使用可能。

Microsoft製品の個人向け Microsoft 365でWord アプリはじめ、さまさまなアプリを無料で体験できますが

Microsoft 365 Personalの Word アプリを 無料で使う方法や、使える期間をチェックしてみましょう。

体験版を無料でダウンロードする

Microsoft 365では、購入画面の中に「1 か月間無料で試す」というリンクがあります。
気になるけれどいきなり有料プランでを使えるのかと迷っている人は、体験版から始めるのがおすすめです。

移動先には、購入前に利用できる無料体験のスタート画面があり、有料のWordが期間限定で無料体験できます 。

また、Wordを含むMicrosoft officeのすべてのソフトを利用できる「Microsoft 365 Personal」も無料体験が可能です 。

メールアドレスを入力し、購入手続きを行うと、無料でダウンロードができます。
ただし 、無料期間が終了すると 、そのまま有料プランに移行するため 、解約したい場合は早めの手続きが必要です。

Microsoft 365 Personalの Word アプリ 無料体験期間

ダウンロードから30日間です。 無料でのダウンロード時にクレジットカードの登録すると 、その後は自動で有料に移行するため、有料にしたくない人は注意が必要です 。使っても使わなくても 、無料期間は30日間のみなので 、使うタイミングに合わせて無料体験を始めた方が良いでしょう 。

利用条件

Wordの無料体験版の利用条件は特にありません。
無料でも、Wordに含まれている全ての機能を使えます。ただし、無料体験は一度のみで、次からは有料でのみ利用可能です 。

Microsoft 365 Personal 体験版の試用方法については、以下の記事で詳しく紹介しています 。

互換操作性が高い「Open Office」

Open Officeはオープンソース社が無料で提供しているMicrosoft Wordと互換性のあるソフトです。

Wordや Excel、PowerPointと同じような機能が使えるソフトが一つになって提供されています。
無料で利用できるため、コスト面の心配をしている方にもおすすめです。

ただし、バージョンや条件によっては、うまく動作しない場合があることに注意してください。

オープンソース・ソフトウェアは、有償ソフトとは異なり、ソフト制作者が利用者の権利を制限することがないため、国内外の自治体・官公庁にも導入されています。導入コストを抑える目的でも最適です。

「Open Office」のダウンロードとインストール方法はこちら

Microsoft Wordと高い互換性を持つ「Libre Office」

「LibreOffice」は、Microsoft Office(Word)互換のソフトウェアとしてオープンソースで開発されている統合オフィスソフトウェアで、Windows・Mac・Linux向けに提供されており、無料で利用できます。

本ソフトには

  • 「Writer」→Word
  • 「Calc」→ Excel
  • 「Impress」→Power point
  • データベースソフト「Base」
  • ドローソフト「Draw」
  • 数式編集ソフト「Math」

の6つのソフトが含まれています。

また、ソフトウェアの更新もコンスタントにされており、この点も安心して利用できるソフトウェアといえると思います。

「Libre Office」のダウンロードとインストール方法はこちら

Office をあまり使わない、 Wordをちょっとした編集や閲覧をしたいだけであれば、
無料の「Word Online」、「Microsoft 365 試用版の Word」 、「Open Office」「Libre Office」
以上の四つのフリーソフトで十分でしょう

Word を高度に編集する場合、Microsoft Office のWord製品を購入する必要あります。

どっちがおすすめかというと、一度どちらも導入してみて検討するのが一番ではないかと思います。 なんせ無料ですから。

会社の業務などビジネスの世界では、やはりMicrosoft Office のWord製品がスタンダードです。

まとめ

Microsoft Word の代わりに無料で使える表計算ソフトウェアを紹介した。

Word高額のため、あまり使わない人であれば今回紹介したフリーソフトウェアで十分利用できる。

もし、それでも Microsoft の Word が必要ということであれば、Office パッケージにWordが含まれているOffice 製品を購入することが可能なので、そちらも検討してみて欲しい。

最新版のOffice for Macを使いたい人におすすめの商品

word

Posted by PC LIVE