Office のソフトを購入するとどれくらいの 価格 がしますか?

2022年6月9日


Office のソフトを購入するとどれくらいの 価格 がしますか?

Microsoft Office「オフィス スイート」であるOffice」(オフィス)を購入したい、でも価格はいろいろで、どのバージョンを購入すればいいのでしょうか?

この記事では、Officeの買い切り版とサブスクリプションなどの価格と購入方法を解説しています。

「Office」(オフィス) とは

勉強や仕事で  Office のソフト 使う場合に、

Microsoft Officeとは、マイクロソフトが開発しているソフトウェアをまとめたパッケージ製品です。

パッケージ製品には、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、SharePoint、Accessなどが含まれています。

また、ソフトウェア間の連携も簡単で、例えばExcelで作成した表をWordに貼り付けるといった操作も手早く行えます。さらに、Webとの親和性も高く、オンライン上のディスクスペースであるOneDriveにファイルを保存して、Webブラウザー上のWordやExcelでファイルを編集する、といった使い方も可能です。

Windows 10でOfficeを使いたい人におすすめの商品。

Office 有料ソフトどれを購入すればよいの?

Officeを購入して使う方法は、2つあります。

  • 買い切り版で使うOffice 2021を購入する
  • Microsoft 365 (Office 365 )のサブスクリプションで購入する

Office 2021 の 購入 がおすすめですが、永久ライセンスのOfficeアプリです。
色々なアプリを使ってみたいと考えている人にとってMicrosoft 365 (Office 365 ) プランを購入しましょう。

以下は、Officeの主な 購入 方法は、4つの比較表です 。

Officeの製品名 Office Personal 2021 Office Home & Business 2021Office Home & Student 2021 for MacMicrosoft 365 Personal
更新永続ライセンス版永続ライセンス版永続ライセンス版年間契約・月間契約
価格32,784円38,284 円25,704円12,744円(年)
Office アプリWord
Excel
Outlook
Word
Excel
Outlook
PowerPoint
Word
Excel
PowerPoint
OneNote
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher ( Windows のみ)
Access ( Windows のみ)
インストール台数2台まで/Windows 2台まで
Windows/Mac
2台まで/Mac5台まで
Windows/Mac

Office Personal 2021

Office Personal 2019  の 価格 を公式サイトから調べてみると、以下の通り.

WordとExcelぐらいしか使わないというのであれば、Office Personal がおすすめい。

価格は、32,784円(税込)。

ライセンスは、2 台までのWindows 11 および Windows 10 にインストールできます。

永続ライセンスなので、一回払いで、ずっと使い続けるのはメリットです。

Office Home & Business 2021

WordとExcelに加えて、さらにPowerPointが必要な場合は「Office Home & Business 」がおすすめです。

価格は、¥38,284 (税込)。

ライセンスは、2 台の Windows PC または Mac で使用可能、永久使えるのはメリットです。

Microsoft 365 Personal はOffice アプリを使える価格

Microsoft 365 Personalは、Officeでも使用できます。

Office だけでなく、ExcelやWord、PowerPointといった各種アプリとクラウド型のグループウェアをまとめて利用することが可能。

価格 は 、1ヶ月、1,284円、1年間、12,984円(税込)。

この金額で常に最新版のOfficeを使います。

ライセンスは、5台の PC 、Mac 、タブレット 、スマートフォンにOffice をするができます。

買い切りの永続ライセンスではなく、年額または月額料金制になっているのが特徴です。

Office Home & Student 2021 for Mac

Mac向けのWord、Excelに加えて、さらにPowerPointが必要な場合は「Office Home & Student for Mac 」がおすすめです。

価格は、¥26,184 (税込)。

Mac 用の永続(買い切り)型ライセンス。Outlook が含まれない。

Microsoft Officeを無料で使う方法

あまり Office ソフトをヘビーに使わないければ、無料の「 Office Online 」がオススメ。

Microsoft アカウントをサインインすると、Officeをブラウザ上で使用できます。

「 Office Online 」は、Microsoft 社から提供している無料サービスであるため、デスクトップ版のOfficeに比べて一部の機能が制限されています。

図形の追加、引用の追加と更新、一部の関数の挙動が違う、グラフの追加ができないなどどができませんので複雑な作業をする場合、デスクトップ版の Officeが必要です。

正規品を通常よりOffice安く購入する見つかる方法

Microsoft Officeを合法的に購入したい場合は、Office Professional Plus 2021、Office Home & Business 2021 for Macがあります。

例えば、Office Professional Plus 2021を購入すると、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、AccessなどWindows版のOffice アプリを使用できます。値段は、12,500円。ライセンスは、Windows 1台までインストールできます。

Macで使用するOffice Home & Business 2021 for Macを購入すると、Word、Excel、Outlook、PowerPoinなどOffice アプリを使います。値段は、15,000円、ライセンスは、Mac 2台までインストールできます。

AmazonとMicrosoftStoreからOffice 2021を購入すると、かなり金額なると思います。

同じMicrosoft Officeで使えるので安くて使えるのはメリットです。

Microsoftt Office の 価格 比較( 4 年間にかかる費用)

サブスクリプション版と永久ライセンス版を 4 年間使用するの価格比較です 。

Office アプリを使うならOffice 2021プランで 購入 するのが安いので、おススメです

製品名価格/4年
Office Home & Business 2021
(Word/Excel/PowerPoint/Outlook)
38,284 円
Office Home & Student 2021 for Mac
(Word/Excel/PowerPoint)
25,704円
Microsoft 365 Personal
(Word/Excel/PowerPoint/Outlook/Access/Publisher)
50、976円(4年)
Office Personal 2021
(Word/Excel/Outlook)
32,784円

まとめ

以上、 Office の価格 や安く購入する方法を説明ました。ご自分の利用状況を確認して、より安い価格で Office を 購入しましょう 。

office 2019Office 2019

Posted by PC LIVE