Microsoft Office 2019 を使うには? 価格 ・購入方法。

2020年10月29日


Microsoft Office 2019 を使うには? 価格 ・購入方法。

Microsoft Officeを使うには、Office 2019 永続ライセンスで購入するか、サブスクリプション版のMicrosoft 365を購入するか。この記事では、Microsoft Office 2019の 価格 や 購入 方法を解説していきます。

Office 2019( オフィス2019 )とは

Office 2019には、Word 、 Excel、PowerPoint、Outlookなどのアプリケーションが含まれています。これら2台のWindows/Macで使用できる1回限りの購入版として入手できます。

Microsoft Office 2019 の ご購入方法

Microsoft 365 Personal プラン と価格を見る

Office 2019を使うためにはOfficeのソフトを購入する必要がありますがいくつの方法があります。

Officeを購入する方法は、大きく2つに分けると永続版のOffice 2019購入するか、Microsoft 365のサブスクリプション版を購入するかに分かれます。

さらに、Office 2019を購入する場合は、Office Personal 2019、Office Home and Business 2019、Office Professional 2019などを選択して購入できます。

Microsoft 365サブスクリプションというのは、Officeのすべてのアプリが含まれて、月、年契約で購入して、最新版を利用ができます。

Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)は表計算、文書作成、プレゼンテーションを支援するツール、 Microsoftアカウントで無料で使う「 Office Online」です。

Microsoft Officeの買い切り版(永続ライセンス)は旧来のパッケージ版ことで、購入すると、そのままずっと使い続けることができますよ。

Office 2019の最新版は高くて悩んでいたいるなら、とてもお安く購入できるのでチェックしてみてください。

Office Personal 2019 Windows PCで利用する場合の 価格

自宅や仕事で使用するために、2台のWindows 10 PCにインストールされている従来の Office 2019アプリを必要とする個人や家族向け。

Windows 10向けOfficeを自宅や職場で使うなら、Windows 10専用である Office Personal 2019 を購入 したいという方もいるでしょう。

Office Personal 2019 は、Windows 10専用 Office です。一ライセンスが2台の Windows にインストールすることができます。

Microsoft公式サイトから32,784で 購入できますが、Amazonから購入なら 価格 は、29,791円(税込)です。

WordとExcelが使いたければ Office Personal 2019 を、
Word、Excel、PowerPointが使いたければ Office Home and Business 2019 を購入した方がお得。

また、Word 2019、Excel 2019 、Outlook 2019のアプリケーションを利用できます。PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessを含まないです。

Office 2019 を最安値で使うなら、ぜひMicrosoft Office Personal 2019を購入してくださいね!

家庭や小規模企業向けの Office Home and Business 2019

Office Home & Business 2019は、Windows/Mac向けOffice 2019 版のWord、Excel 、Outlook、PowerPoint を利用できます。

Windows/ macでOfficeを使うなら、永続ライセンスである Office Home and Business 2019 を 購入 したいという方もいるでしょう。

Office Home and Business 2019 製品です。一ライセンスが2台の Windows/ mac にインストールすることができます。

Microsoft公式サイトから38,284円で 購入できますが、amazonから購入なら価格 は、 35,090円 (税込)です。

たとえ、Microsoft Office Home & Student 2019 For Mac価格は23,997円、Microsoft Office Personal 2019 価格は30,048円で54、045円ですが、

しかし、Microsoft Office Home and Business 2019それより15、761安い、MacだけでなくWindowsパソコンにも使用することができます。

Office 2019では、どちらもMicrosoftサイトからフアイルをダウンロードすることに変わりありません。

Microsoft Office Professional 2019ご利用する場合の 価格

Microsoft Office Professional 2019の価格は59,193円。

Office アプリのWord 2019、Excel 2019 、PowerPoint 2019、Outlook 2019 アプリに加えて、OneDrive、Publisher 2019、Access 2019まで付いている。

さらに、2台のWindows 10にインストールできる永続ライセンスです。

たとえ、Microsoft 365 Personal1年契約価格は1万2744円で、三年目価格は38,232円、五年目価格は63,720円となり、Office Professional 2019の価格を上回ります。

そして、どうせWindowsだけOfficeを使うし、Office 2019バージョンのまま使いたいならOffice Professional 2019がおすすめだ。

Microsoft Office Professional 2019 割引セールやキャンペーンをご利用すると、安く購入することができます。

パッケージ版(カード)Windowsの 価格 は Microsoft Office Professional 2019 は59,193円 。
ダウンロード版(Windows)の 価格は Microsoft Office Professional 2019 は58,787円 。

MacBookでoffice使うなら買い切り版ですね。「Office Home and Business 2016 for Mac」(11,550円)がオススメです。これは一般の人でも買えます。

Office Premiumとは?

プレインストール、パソコンに付属していた Microsoft Office 製品です。

Office 2019プレインストール版とは、メーカー製のパソコンなど、購入時にすでに対象のMicrosoft Officeがインストールされた状態で販売されているライセンス形態。

プリインストール版の(Office Premium) Office 2019 アプリケーションと価格比較

プリインストールされているOffice 2019として、 Office Home and Business 2019 、Office Personal 2019 、Office Professional 2019の 価格 と機能を比較しています。

Office PremiumOffice Personal 2019 (PIPC)版Office Home and Business 2019 (PIPC)版Office Professional 2019 (PIPC)版
Office アプリケーションWord,Excel,OutlookWord,Excel,Outlook.PowerPoint,OnenoteWord,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote Publisher,Access
価格一覧19,000円24,000円48,000円

Office 2019 通常のパッケージと比べると 価格 は安いのはメリットですが、単体で購入する事ができないのはデメリットです。

Office 2019プレインストール版は、インストールしたパソコンのみで使えます。
新しいパソコンにインストールしたい場合、セットで購入した PC パーツと一緒に移動すれば使えます。
セットにしたPCパーツが壊れると使えなくなります。

プレインストール版は最初からパソコンにOfficeをインストールされているのでインストール不要。

ポイントとなるのは、PowerPointが必要かどうか。
使うのがExcelとWordだけで、PowerPointが必要ないならPersonal、PowerPointも使うならHome&Businessを選べば大丈夫です。

Office 2019プレインストール版のでMacに対応できません。Windows 10 PCのみです。

Office 2019 プレインストール版の価格 はOffice 2019の通常版と比べてもっとも安いとされています。
PC本体とセットにして大量に売りさばきたいという狙いもあって安くなっているでしょう。

Microsoft Office 2019 を安く購入したいならこちらを参考してください。 お客様が書いたレビューを見るとお得ようにです。

Microsoft 365 Personal プラン と価格を見る

現行の Microsoft Office では、サブスクリプション版である「Microsoft 365 Personal」がパッケージ販売の主な形となっています。月額使用料をを支払うことで、常にOfficeアプリケーションの最新版を使うことができます。

Microsoft 365 Personalは最新のOffice アプリケーションのWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Accessがインストール可能 (PublisherとAccessはWindows版でのみ利用可能) 。

Microsoft 365 Personalの使用料は月額1、274円(参考価格、税別)です。
※年間プラン契約の場合

1年間使用すると 12、744円(価格、税別)。スマホ代と比べると安いですが、人によってはちょっと高いと感じてしまうかもしれません。

実はこれでもかなり安くなったんです。昔はMicrosoft Office の買い切り版で5万円以上したので、かなり勇気を出さないと手が出ない値段でした。

今では1か月だけでもお試しで使えるので、自分に使いこなせるかチャレンジできる環境が整っています。

現在だとWindowsの最新版は2019ですが、Mac版では2019が利用可能です。

お使いの Mac や Windows PC に適した Office Home and Business 2019 をお選びください。 それぞれと1台インストールできます。Officeを購入するなら Office Home and Businessが最安です。

Microsoft から無料で提供する「 Office Online」

Microsoft Office 2019 を無料で使うには、マイクロソフトから提供する無料オンライン版の「Office Online」があります。有料のオフィスソフトに比べると操作性に劣りますが、家庭で使うなら十分な機能が備わっています。

Microsoft社は、Web上でOffice製品が利用できるサービス―「Office Online」を無料で提供しています。

Microsoft Office Onlineを使うと、WindowsだけでなくMacやAndroidからもOffice アプリを使用できます。

インターネットに接続すれば、無料でExcel、Word、PowerPoint、OneNoteのドキュメントを表示、編集、共有できます。

「Office Online」へのアクセスはこちら

Microsoft 365 Personal が1ヶ月間無料!ダウンロードとインストール!

Microsoft 365 Personalの30日無料体験版をダウンロードすることができます。

購入 手続きを行わない限り費用は一切かかりませんので、安心してMicrosoft 365のPersonalをご体験ください。

無料試用版を入手して作業をどこでも、どのデバイスでも。
常に最新バージョンの Word、Excel、PowerPoint、Outlook に加えて 1 TB の OneDrive ストレージを利用できます。

Microsoft 公式サイト

まとめ・どれがよい?

いかがだったでしょうか。Microsoft Office 2019の購入方法と一口にいっても、様々な契約の仕方や、お得に利用する方法があるということが分かったかと思います。

Microsoft公式で契約するのが手っ取り早いのですが、他に安く購入する方法も実はあるのです。

あまり Office ソフトをヘビーに使うというわけでなければ、Office Onlineというものをオススメです。

このように、自分のOffice 2019の使い方にあった、なおかつお得に購入できる方法で、Microsoft Officeをゲットしてください!