Microsoft Officeの価格と安く買う方法!

2024年1月6日


Microsoft Officeの価格と安く買う方法! | Microsoft Office.pclive

Microsoft Officeは、現代のビジネスや教育において欠かせないツールです。
Word、Excel、PowerPointといったアプリケーションは、日常の作業を効率化し、プロジェクトを成功に導くための基盤となっています。
現在は、購入すると永続的に利用可能Office 2021とOffice 2021の最新バージョンに加えて、追加のクラウドベースのサービスや機能をできるサブスクリプション版のMicrosoft 365など、多くの選択があります。
この記事は、Microsoft Officeのライセンスの価格と安く買う方法を紹介します。

格安購入するよりもおすすめの方法なのでぜひ参考にしてくださいね。

Microsoft Officeを格安購入する3つの方法。

Officeを少しでも安い値段で買いたい!という方に向けて、Officeを格安で買う方法をまとめてみました。

Microsoft 365 Personal

AmazonでMicrosoft 365 Personalを購入すると、12,190円/年で手に入れることができます。

セール以外でも、もともと安い価格設定になっているので、公式サイトで買うよりもかなりお得です。

ただAmazonの場合は、時期によって値段が大きく変動する傾向もあるので、購入前に最新の価格情報をチェックしてから買うようにしてください。

また、Amazonで販売されているMicrosoft 365 Personalは、年間プランのみしか取り扱いがありません。

Microsoft 365 Family

Office アプリを使う人は、すべてアプリが使い放題のMicrosoft 365 Familyがおすすめです。

Officeソフトを複数個使う人には圧倒的におすすめできるプランになります。

  • Word、
  • Excel
  • PowerPoint
  • OneDrive
  • Skype

または、最大6ユーザー(家族限定)まで利用できる。

公式サイトでのOfficeソフト使い放題プランの価格は以下の通りです。

価格
 年間プラン(一括払い) … 2,100円/年
 年間プラン(月々払い) … 2,100円/月 (21,000/年)

価格はすべて税込(10%)表示。

「Microsoft 365 Family」は1ライセンス年間21,000円(税込)なので、2人で利用した場合、1人あたりの利用料は年間9,200円(税込)で済みます。

「Microsoft 365 Personal」は1ユーザー1ライセンス年間12,984円(税込)なので、1人あたり年間3,784円もお得です。

最大人数の6人で利用した場合はさらにお得になります。

Office Professional Academic 2021

Officeソフトには「アカデミック版」というサービスがあり、学生や教職員は定価の55%OFFでOffice Professional Academic 2021を買うことができます。

アカデミック版といえども、通常のソフトと機能はまったく一緒で、ただ単に値段が安いだけというめちゃくちゃ羨ましい入手方法なんです。

ただし、「アカデミック」の名の通り、利用できるのは学生と教職員のみ。
購入の際は在籍証明などの必要書類の提出が必須なので、「身分を偽って」申請することはもちろんできません。

個人購入の場合は、買った本人しか使えないので、学生や教職員の友人に代わりに購入してもらうのもアウトです。

いずれにせよ、学生のうちにしか使えないめちゃくちゃ羨ましい入手方法なので、学生および教職員の方は、アカデミック版を利用しない手はないですね!

Microsoft Officeの値段と安い価格で買う方法まとめ

Microsoft Officeの値段と、安い価格で買う方法について紹介しました

学生や教職員でOfficeを購入したい場合は、Office Professional Academic 2021がおすすめ。

2人以上で利用した場合、Microsoft 365 Familyがおすすめい。

個人でoffice使うならMicrosoft 365 Personalがおすすめ。

最新版のOffice for Macを使いたい人におすすめの商品

Office 2021

Posted by PC LIVE