Microsoft Office 永続版のメリットと価格比較

2024年1月9日


Microsoft Office 永続版のメリットと価格比較 | Microsoft Office.pclive

Microsoft Officeの永続版、例えばOffice 2021は、高度な文書作成、スプレッドシート管理、プレゼンテーションツールなど、一度の購入で長期間にわたり使える多様な機能を提供します。
この記事では、中小企業や個人ユーザーが直面するオフィス関連のニーズに対して、Officeのライセンスを永続版のメリット・デメリット、価格やサポート期間、販売終了の時期などについてご紹介します。

また、他社と比較することで、マイクロソフトオフィスが提供する価値を確認します。この記事を読めば、あなたにとって最適な永続版を選ぶことができます。ぜひご一読ください。

Microsoft Office 永続版とは?

Microsoft Office 永続版

Microsoft Office 永続版は、2003年から使用されているOfficeのバージョンです。
Officeは、2台のパソコンにOfficeをインストールして継続的に使用することができます。
しかし、アップデートや新しいバージョンがリリースされても、永続版ではその新機能を受けられません。そのため、Officeを購入時点での機能に満足し、最新機能が不要な方におすすめ。

Office 永続版のデメリット

Office 永続版は、最新版のOfficeと比較して、いくつかの欠点があります。永続版のデメリットの1つは、最新の機能やセキュリティアップデートを利用できないことです。

さらに、Microsoft 365のように最新版のOfficeで利用できる製品やアプリケーションでも、永久版では利用できないものがあります。

Office 永続版のメリット

欠点はあるものの、永久版Officeにはいくつかの利点があります。例えば、永久版は1回限りの料金で利用でき、継続的なサブスクリプションは必要ありません。さらに、いくつかの機能と製品は、永久バージョンに排他的である。

Office 永続版の価格比較

永久版Officeの価格を他社と比較する場合、Microsoft Office Personalが1回限りの料金で利用できることに注目する必要があります。

Microsoft Office Professional 2021の現在の価格は、65,784円です。GoogleやAdobeなどの他社に比べると高価ですが、Microsoft Officeは他社よりもはるかに幅広い機能とアプリケーションを提供しています。

Office 永続版はいつまでですか?

Office 永続版は、最大5年間サポートされます。サポート期間終了後は、最新の機能やセキュリティアップデートを利用するために、最新版のOfficeを購入する必要があります。

Office永久ライセンス販売終了のお知らせ

マイクロソフトは最近、Officeの永久ライセンスを近い将来に廃止することを発表しました。

つまり、Officeの新規購入はすべてクラウドベースのMicrosoft 365モデルになるということです。

ただし、永久ライセンス版のOfficeをご利用の方については、サポート期間終了まで製品の提供およびサポートが継続されます。

Microsoft Office 永続版のまとめ

以上、Microsoft Office 永続版のメリットと価格比較について紹介しました。

Microsoft Officeの永続版には、メリットとデメリットがあります。一時金は他社より高いが、その分、機能やアプリケーションの幅が広い。

Office 永続版は、最大5年間サポートされるが、いずれは廃止される。

この記事では、Office 永続版のメリットとデメリットに関する重要な情報を提供し、その価格を他社と比較しました。 これで、あなたにとって最適なOfficeのバージョンを選択するために必要な情報を得ることができます。

Office 2021

Posted by PC LIVE