macOS Sierra でIllustrator CS6を起動したらJava SE 6が必要?


macOS Sierra でIllustrator CS6を起動したらJava SE 6が必要? – ソフト価格macOS Sierra (10.12) でAdobe Illustrator CS6 起動時に要求される Java 6 SE ランタイムをインストールせずに、最新版 Java SE 8 でアドビ イラストレーター CS6 を起動させる方法を紹介します。

CS6がMac OS Sierraで起動しないのは、アップルがCS6の起動に必要な「Java6」のサポートを前OS「El Capitan」で打ち切ったからです。 Macの全てを握っているアップルがサポートしてないのだから、CS6の起動は絶望的か…と思ったら、Sierra上でのCS6の起動に成功している人が現れました。

 

今回紹介する方法はあくまでもAdobe非公式なので裏ワザ的なもの。すべて自己責任でできる方のみお試ししてもらえばいいと思います.

1. リカバリーモードでの起動 → Rootless の一時無効化

Command + R を押しながら Mac を起動し,リカバリーモードで起動します。そして,メニューバーから ユーティリティ→ターミナル を選択します。

ターミナルで次のコマンドを実行します。

csrutil disable

上の画像のように,

Successfully disabled System Integrity Protection. Please restart the machine for the changes to take effect.

と返ってくれば成功です。Appleメニューから「再起動」を選んで再起動すると,Rootless が無効化された状態で起動します。

2. 空ディレクトリの作成

再起動後,管理者アカウントでログインします。そして,ターミナル (/Applications/Utilities/Terminal.app) を起動し,次のコマンドを実行します。

sudo mkdir -p /System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk /System/Library/Java/Support/Deploy.bundle

管理者パスワードを要求されるので入力します。

3. リカバリーモードでの起動 → Rootless の再有効化

次に,Rootless を再度有効にします。Mac を再起動し,Command + R を押しながら起動して,リカバリーモードで起動します。そして,メニューバーから ユーティリティ→ターミナル を選択し,ターミナルで次のコマンドを実行します。

csrutil enable を実行する.

4,再起動して完了です.

macを通常起動して完了です。

これで、illustrator CS6がJava 6 SEがあると誤認して起動しくれるようになります。

macOS10.12.1(Sierra)でもillustratorCS6を使用できています。

コメントを残す