Microsoft Office Premium プラス Office 365を安い価格で購入!

2017年12月6日


Microsoft Office Premium プラス Office 365を安い価格で購入! – Microsoft Office.pclive今度PCを買い換えるのですが仕事上Office2016が必要となっておりなるべく安く手に 入れたい.

Word、Excel、PowerPointなどのOfficeソフトであるOffice Premium(オフィスプレミアム)を購入したいのですが
Office Premiumを安く手に入れる方法はないでしょうか?オフィスプレミアムダウンロード版はパッケージ版より低価格でOffice製品を購入することができます。

office_premium_feature_02

Windows PCにはマイクロソフトOffice搭載(プレインストールされている)のものがあります。

最近のPCに搭載されているOffice Premiumとは何でしょうか?

最近のPCのうち、Microsoft Officeがプリインストールされている機種には
「Office Premium プラス Office 365」という特殊なバンドル版Officeが入っているものがあります。
これは、「Office2013」や「Office2016」などのMicrosoft Office製品に加えて「Office 365」の権利が1年分だけ付属しているものです

そもそも「Office Premium プラス Office 365」のライセンス形態とは

PCにプリインストールされている「Office Premium プラス Office 365」には、以下のような2つの権利があります。
•プリインストールされているMicrosoft Office製品(Word・Excelなど)は、そのPC上で永久に使用可能。
•Office365の権利(最新バージョンへのアップグレードやOneDriveの容量増加など)は、1年間だけ使用可能。

つまり、以下のような2重のライセンス形態です。
•もしPCにプリインストールされているOfficeが「Office2013」であれば、その「Office2013」は1年を超えても問題なく使用し続けることができます。これはパッケージ版と同じ扱いです。
•もし「OneDrive」を無料コースの容量を超えて使用しているなら、サブスクリプション期限(1年後)には使用可能な容量は減ります。(追加で1年分の権利を買えば維持できます。)

上記の点には特に疑問はありません。要するに「Microsoft Office」に「SkypeやOneDriveの有料サービスの使用権1年分」が付属している、というだけのことですから。
しかし、ここで1つだけ大きな疑問があります。それが下記。

Office 365サービス

Office Premiumには1年間のOffice 365サービスが付属します。

Office 365サービスとは以下のサービスです。
•OneDriveの容量を1TBに増量
•60分/月のSkype無料通話
•iOS / Android版Officeの商用利用権

WordやExcelなどのOfficeアプリがPCが壊れるまで使えるのに対し、Office 365サービスは1年間で使えなくなります。

Office Premiumの最初のOfficeバージョンはOffice 2013でしたが、現在の最新版であるOffice 2016へ無料でアップグレードできます。

 

Microsoft Microsoft Office 2016は、一般的に店頭で売られているものよりも安い価格設定のOffice Premiumがあります。

1年間限定で、Office 365サービスが付属。
永続ライセンスのダウンロード版です。
PC1台/1ライセンス)Windows版。
常に最新バージョンに無料でアップグレード可能。
Microsoft正規品OEM版。
Office Premium は日本語のみでの提供となります。

Microsoft Office Home and Business Premium プラス Office 365 [ダウンロード版] (PC1台/1ライセンス) OEM 日本語版

 

office

Posted by PC LIVE