Windows10 で「コントロールパネル」を表示する4つの方法


Windows10 で「コントロールパネル」を表示する4つの方法Windows10 でコントロールパネルを表示する方法をご紹介します。Windows10 でコントロールパネルを開くには若干時間が掛かりますが、素早く開く方法を4つまとめました。デスクトップにコントロールパネルを登録する方法もご説明します。

Windows7の場合、「コントロールパネル」は「スタート」ボタンを押した中にありました。Windows8からWindows10までは「スタート」ボタンを右クリックして出てくるメニュー内にありました。

Windows10後には、右クリックの中から「コントロールバネル」がなくなり、その位置には「設定」が存在します。「設定」からは「プログラムのアンインストール」はできませんね。

Windows10 で「コントロールパネル」を表示する4つの方法

1、【スタートメニューからコントロールパネルを表示する】

「スタート」ボタンをクリックして、「W」欄→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」という項目順にクリックします。

2、【検索窓からコントロールパネルを表示する】

検索窓に、「con」または「kon」、「コントロール」などと入力すると、検索結果一覧にコントロールパネルが現れます。

3、【ファイル名を指定して実行からコントロールパネルを表示する】

「スタートメニュー」を右クリックして、「ファイル名を指定して実行」を起動します。「control」と入力して、「OK」を押すとコントロールパネルが起動します。

4、【デスクトップにコントロールパネルを表示する】

デスクトップ上の何もないところで右クリックして、「個人用設定」を選択します。「設定」画面が表示されますが、「テーマ」→「デスクトップアイコンの設定」の順にクリックします。

「コントロールパネル」にチェックを入れ、「適用」を押すことでデスクトップにコントロールパネルのショートカットアイコンが作成されます。

コメントを残す