Office365 を年額9,900円でお安く使う方法


Office365 を年額9,900円でお安く使う方法 – ソフト価格Office365は年額或いは月額で契約できるMicrosoftの新しい利用形態です。しかし、Office365を年額(或いは月額)で長年間使うと、価格が一括払いの永続ライセンス型より高くなってしまいます。

では、Office365を安く使う方法はありませんか?

筆者は、Office365を年額9,900円、月額825円で激安契約しています。この究極(!?)とも言える節約術をどうやって実現するのか一緒に見ていきましょう。

Office365 Soloは、年間12,744円、月間1,274円

Microsoftは、日本向けに提供している個人用のOffice365 Soloが公式サイトで、年間12,744円、月間1,274円で販売されています。

Office 365 Solo をAmazonで調べてみると、(オンラインコード版)参考価格は¥ 11,800、(2%)OFFで¥ 219 安くして、11,581円で販売しています。さらに、Amazon Student会員ならOffice 365 Solo を表示価格より更に20%OFFとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Office365をこれより安く使う方法はありませんか?

 

Office365をさらに安く使うには?

Office365 Businessは上記に、紹介した個人向けOffice 365 Soloより安く契約できます。

Office365 Businessは法人向けプランですが、個人でも使えます。公式サイトから月額1080円、年額11,664円で契約できます。

Amazonで調べてみると、Office365 Businessを月額972円で販売されて、Office 365 Soloより302円(月額)安くなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Office365 BusinessはWindows PC or Mac 、スマートフォン、タブレットが各5台、計15台まで利用できますが、Office365 Solo は無制限の台数にインストールできます。

Office365 SoloはWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、AccessのすべてのOfficeアプリが利用できます。

これに対し、Office365 Businessの PublisherとAccessはWindows版でのみ利用可能で、Macでは利用できません。これが若干不満ですね。

 

Office365をもっと安く使うには?

個人でOffice365を使うなら、Office365 SoloとOffice365 Businessの他に、輸入版のOffice 365 Homeという選択肢もあります。

Office365 Homeは、マイクロソフトが、中国向けに提供しているサブスクリプション版の家庭向けサービス。日本の公式サイトで販売されていませんが、ネットショップから購入できます。

Office365 HomeはMicrosoft公式サイトでは年額99.99ドルで販売され、約11,000円になります。ネットショップからは年額9,900円で契約できます。

 

 

 

 

 

Office365 HomeはOffice365 Soloと同じに、すべてのOfficeアプリを無制限の台数にインストールして利用できますが、Soloより(12,744円-9,900円=)2,844円安い。

Office365 Soloは1つのサブスクリプションライセンスで1人のユーザーしか利用できません。

Office365 Homeでは1つのサブスクリプションライセンスで6人のユーザーが利用可能。つまり、6人家族の場合、年間99.99ドルのOffice 365 Homeを契約すれば、全員がOfficeのアプリを利用可能となります。ただし、同時に使えるのは5人まで。

まとめ

いかがでしょうか?

以上で、Office365を安く使う方法をご紹介しました。

Office 365 Solo

Office 365 Business

Office 365 Home

価格(1年)

12,744円

11,664円

9,900円

インストール可能台数

無制限

最大15台

無制限

やはり、Office365 Homeは価格的にも、機能的にも最得ですね。Office 365へ乗り換えを検討している人はこの機会にぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す