Microsoft 365 Apps for enterpriseの価格と購入方法

2022年5月18日


Microsoft 365 Apps for enterpriseの価格と購入方法

Microsoft 365 Apps for enterpriseは、Microsoft 365のエンタープライズ企業向けのソフトウェアです。
Office アプリのWord、Excel、PowerPoint、Outlook など含まれています。
最大5台 Windows PC、タブレット、モバイル デバイスにインストールできるサブスクリプションライセンスです。それでは、価格や買う方法、インストール方法、台数、などを紹介します。

サブスクリプションのMicrosoft 365 Apps for enterprise とは

Microsoft 365 の サブスクリプション 版

Microsoft 365 Apps for enterprise は、サブスクリプション製品です。

Microsoft 365 Apps for enterpriseを使用すると、常に最新バージョンのデスクトップ、モバイル、Web 版の Outlook、Word、Excel、PowerPoint、Access、PublisherさらにOneDriveなどご利用できます。

または、Microsoft 365 Apps for enterpriseでは、5 台の Windows PC、5 台のタブレット、5 台のモバイル デバイスにインストールできます。

多くのデバイスで、使うのは、メリットです。

最新版のOfficeが利用可能

Microsoft 365のMicrosoft 365 Apps for enterpriseの利用できるOffice アプリケーションは、契約者はWord、Excel、PowerPointなど、最新版のOfficeアプリケーションを使用することができます。

「Office 月額版」なら、まとまった支出をする必要がなく、月額料金の支払いだけで最新版のOfficeがご利用いただけます。

OneDrive 1 TBまで使える

「Office 月額版」なら、大容量1TBのオンラインストレージ「OneDrive for Business」がついてきます。

OfficeファイルをOneDriveに保存すれば、データを持ち歩かなくてもいつでもどこでもOneDriveにアクセスして、Officeファイルの参照・編集ができます。

さらに、Office Onlineの機能を使えば、iPadなどのOfficeがインストールされていないデバイスからもOfficeファイルの編集ができます。

Microsoft 365 Apps for enterpriseの価格

サブスクリプション版のMicrosoft 365 Apps for enterpriseは、Excel for Microsoft 365、

Word for Microsoft 365、Outlook for Microsoft 365、PowerPoint for Microsoft 365

Microsoft 365、Access for Microsoft 365(Windows PC 用)、OneDrive for Microsoft 365(オンラインストレージ)などご利用できます。

また、1 ライセンスでユーザー 1 人あたり 5 台のスマートフォン、5 台のタブレット、5 台の Windows PC または Mac にフル機能の Office アプリをインストールできます。

参考価格は、Microsoft 365 Apps for enterpriseが2年で9,100円 税込です。

Microsoft 365 Apps for enterprise を購入する

これまでは、Microsoft 365 Apps for enterpriseの魅力や注意点について説明してきました。ここからは、実際にMicrosoft 365 Apps for enterpriseを購入する手順を紹介していきます。

分かりやすく3ステップに分けて紹介していくので、それぞれの注意点をよく確かめながらやってみてください。

Microsoft 365 Apps for enterpriseダウンロード版( PC/Mac)15台用

ネットショップ製品案内ページで購入数量を選択

まずは、記載のURLからネットショップページへ行ってください。Microsoft 365 Apps for enterpriseの製品案内ページで、購入数量を選択します。

会員登録・クレジットカード情報入力

次に、会員登録していきます。会員登録しなければ、商品を購入できません。

必須項目は、お名前、お名前(フリガナ)、住所、電話番号、メールアドレス、パスワードです。それ以外の情報は、空欄でも大丈夫です。その後、利用規約に同意して、仮会員登録は完了です。

先ほど登録したメールアドレスに本登録の案内メールが送信されるので、記載のURLをクリックしましょう。これで、本登録も完了です。

また、購入の際に使用するクレジットカードの情報を入力しましょう。Microsoft 365 Apps for enterpriseをカートに入れ
、購入画面を開き、クレジットカードを選択して決済すると、クレジットカード情報の入力画面に行けます。そこで情報を入力しましょう。

案内メールに記載されているIDとパスワードを入力する

購入後に案内メールが届き、そこにIDとパスワードが記載されています。案内に従い、
Microsoft 365 Apps for enterpriseをインストールしていきましょう。

インストールできる台数について

1ユーザーがMicrosoft 365 Apps for enterpriseをインストール台数は、最大 5 台の Mac または PC、5 台のタブレット、
および 5 台のスマートフォンで、Office アプリをダウンロードできます。

Windows 1台+Mac 1台+iPadOS 1台+iPhone 1台+Android 1台のことではなく、

Windows 5台、Mac 5台、iPadOS 5台、iPhone 5台、Android 5台

のように、WindowsとMac、デバイスを合わせて5台ということです 。

サポートするOS

コンピューターとプロセッサ

Windows OS: 1.6 GHz 以上、2 コア
macOS: Intel プロセッサ

メモリ

Windows OS: 4 GB RAM、2 GB RAM (32 ビット)
macOS: 4 GB RAM

ハード ディスク

Windows OS: 使用可能ディスク領域 4 GB
macOS: 使用可能ディスク領域 10 GB。HFS+ ハード ディスク フォーマット (別称 Mac OS Extended) または APFS

更新プログラムには追加ストレージが必要になる場合があります。

ディスプレイ

Windows OS: 画面解像度 1280 x 768
macOS: 1280 x 800 の画面解像度

Microsoft 365 のすべてのサブスクリプション プランに含まれているサービスのインストールおよびライセンス認証には、インターネット アクセスが必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Microsoft 365 Apps for enterpriseの特徴、個人で購入方法を伝えてきました。
商用で利用できる、家庭用としてOfficeアプリケーションやOneDriveストレージを使用したい方にはお勧めできます。

office,Office 365

Posted by PC LIVE